小便悲話

ポケットノベル、着々。

高橋熱です。久しぶりのブログ更新になります^^;安心してください。小説は書いてますよ(笑)今は1,500文字のポケットノベルを着々進めています。あっという間に読めるので、とても多くの方にご覧いただけて、嬉しい限りです。こ...

読書する人

超、短い小説。

というのを書いてみようかな、と。超ってどのくらいかというと、大体原稿用紙レベルで、3~5枚程度のもの。スマホでも3~4スクロールで完結するような。内容は、ショート・ショートみたいに、起承転結があってオチの妙味を愉しむとい...

奇妙な痒み

「痒い」小説。

変な痒みに襲われる経験てないですか?掻いても掻いてもちゃんと掻けてない、というような。虫刺されとかの痒みなら、ぷっくりした赤い膨らみを掻いていれば痒みは鎮まるのかもしれないけれど、もっと奥、痒みの実体がどこにあるのかが分...

最新短編小説集

「愛玉」という小説。

新しい短編集の最初の小説、また表題でもある「愛玉」という小説について。所謂、愛の「卵」のような、「素」のような不思議な商品が百均で売られている、という話。これは全くのフラッシュアイデアでした。発想の瞬間はよく覚えてません...