活字と読書

「活字への集中力」と「短編小説」

高橋熱です。寝苦しい夜が和らぎ、秋の気配を感じるようになりましたね。秋と言えば「夜長に読書」は定例句ですが、自身、このところ全くと言っていい程「読書していない」というか、「出来ない」というか、「読書」という行為が、年を経...

大量の本

キンドルの定額読み放題、始まる。

「熱」のくせに、毎日熱中症に怯える、高橋熱です。皆様、いかがお過ごしですか?さて、いよいよ、キンドルの定額読み放題(kindle unlimited)が始まり、月額980円で12万冊以上の書籍読み放題となりました。以前か...

小便悲話

ポケットノベル、着々。

高橋熱です。久しぶりのブログ更新になります^^;安心してください。小説は書いてますよ(笑)今は1,500文字のポケットノベルを着々進めています。あっという間に読めるので、とても多くの方にご覧いただけて、嬉しい限りです。こ...

読書する人

超、短い小説。

というのを書いてみようかな、と。超ってどのくらいかというと、大体原稿用紙レベルで、3~5枚程度のもの。スマホでも3~4スクロールで完結するような。内容は、ショート・ショートみたいに、起承転結があってオチの妙味を愉しむとい...