ねじ

螺子(ねじ)

 二十代半ばの若い夫婦の未来は、今や妻のパート収入にかかっていた。男は、結婚してからこれで五度目の職探しだった。気性の荒い短気な性格は、何処の職場でも馴染みにくかった。学がないことを直接的にも間接的にも批難されるのは精神...

くまのぬいぐるみ

マアクンとコウタン

 死にたい、そう思った。 車内の人波に流されるまま目的の駅で降りると、視界が突然狭くなり、いよいよ立っていられずその場にうずくまった。朝の通勤ラッシュでホームはごった返していて、その場から動けない人間などただの障害物でし...

名刺入れ

名刺奇聞

 財布のように見えたそれは、イルビゾンテの名刺入れだった。金色のバックルを外すと、マチ一杯の名刺が差し込まれていた。男がそれを拾ったのはラブホテル「シエスタ」の入り口、休憩と宿泊代金が書かれたサインボードの下だった。 通...

老夫婦

気の毒な老人

 朝起きると、老人の右脚は腐っていた。 誰が見ても、もう使い物にならないのは一目瞭然だった。いつかそういう日が来ることは分かっていた。しかし心の準備が出来ていないうちに突然そうなってみると、それはそれで悲しく辛いことだっ...

壁画の娘~銀座ライオンの恋

「銀座ライオン本店でデートすると、一ヶ月以内に別れる」 新橋に本社のある早生の社内では、最近そんな噂が流れていた。 「ライオンの祟り」だの「7丁目には戦前墓地があった」だの「米兵と日本人ウェイトレスの心中話」だの「二人の...