執筆・書くことについて

英訳された短編小説「幸福の男」。

 現在、自身の書いた小説が一つだけ、「有料版」として販売されているものがある。これは拙著「幸福の男」の英訳版の電子書籍である。販売元はライターと翻訳家をマッチングして日本の著作物を世界に発信していこう、というベンチャー企業「Publingual」社。たまたまネットで僕の書いたものを読んで頂いた社の方からのお声掛けで、サイト内で翻訳家を募り3名の方に分担して訳していただいた。(現在は一時中断してるみたい?)

 すでに刊行から1年数カ月が経過したが、当時の翻訳作業がとても楽しく、自分にとってはとてもいい刺激であり、思い出となった。翻訳をしていただいた方々は皆素晴らしく優秀で、紳士であり淑女だった。一介の素人小説に、とても真摯に向き合い、純然たるボランティア行為で訳していただいた。今となっては、もう彼らと連絡を取る術はなくなってしまったが、英文への「翻訳」というフィルターを通じて全く新しい著作物「A Happy Man」の作成に協力いただいたこの翻訳者の皆様には本当にお礼を言いたい。もちろん、そうした出会いの場ときっかけを作っていただいた「Publingual」の代表者他スタッフの皆様にも。

 昨年末から、Kindle 版が日本のAmazon.comでも買えるようになったようだ。まあ、日本人であれば無料で自身のサイトで公開しているのでわざわざ英文を買う人はいないと思うけど、日本にいながら英文を買う方がどんな人なのかなあなんて想像するのは、ちょっと楽しかったりもする。日本に住んでる外国籍の方?まあ、何処に住んでいてもいいんだけど、日本人以外の方がこの小説を読んでどんな感想を持って頂けるのかはとても興味があることだけど、レビューが入るまでは分かりませぬ。もし、お知り合いに読んで頂ける方がいるようでしたら、是非。

a happy man

A Happy Man [Kindle版]


Comment





Comment



CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)