恋愛に関する雑文

初めて君を抱くまでに、僕の好きだったもの。

僕が映りこんだ麗しき瞳。
黒く長いつけ睫毛。
艶やかな厚い唇。
時々口の端から覗く八重歯。
色白で華奢な二の腕。
小さいけれど、つんとせり出した胸。
タイトなスキニージーンズ。
黒革のロングブーツ。
ヴィトンのショルダー。
世田谷のワンルーム。
家族の写真。
控えめな丸文字。
相槌を打つときの表情。
そしてちょっぴり、やきもちな性格。

しかし初めて君を抱いた後では、それらのほとんどは、
特別魅力的なものではなくなっている。

二度目に君を抱いた後では、そのうちのいくつかに嫌悪さえ覚える。

三度目に君を抱いた後では、君の何もかもが嫌になっている。

そして僕はしばらく君と距離を置く。
一月、半年、あるいは、一年。

けれども僕はある日、無性に君に会いたくなる。
一度嫌いになったはずのものに、また一つずつ「好き」のスイッチが入る。
それは真夜中の雷鳴のように、唐突で衝動的なものだ。

空白は二人の距離を縮めるための必要悪であったかのように、
君は自分勝手で我儘な僕を、しぶしぶ受け入れてくれる。
そして、再び僕は君を抱く。

今度は、抱いた後でも、君を嫌いにはならない。
三度抱いた時と違って、君の好きなところを見つけ出そうとさえしている。
君を抱いた数は、君に生涯を捧げる「約束手形」の枚数に等しい。

僕は誓う。

二度と君を離さない。
二度と君を試さない。
二度と君を裏切らない、と。

それでも、またいつか倦怠を覚えるのが、「恋愛」というもの。(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)