小説の中の言葉。

「言葉」を扱う小説という創作物は、時に自分の思いや思想とは全く違った観点から読まれたり、認識されることがある。

読者の感想を聞くと、こちらが一番読んで欲しいところではなく、複線の小話が印象に残った、と言われたり、尊敬の念を込めて描いているにも関わらず、かえって「あれは侮辱している」と叱責されたり。

もっとも、「言葉」とは元来そうした性質をまとっているものであり、小説家なんて、あえてその特性を利用して意趣効果を狙う場合もあるわけで、それがまた面白くもあり難しくもあるところ。

どこか、男女の恋愛に似てる気がしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)