ファンレター

たった一人のために書く小説。

たった一人のために書く小説。そんな小説があってもいいのではないか、と思っています。もちろん、「一人」とは、自分のことではありません。この広いインターネットの世界の中で、偶然(必然?)、僕の存在を知り、少しでも足を止めてい...

執筆環境の整え方

小説を書いている人の「執筆環境」というのは、本当に人それぞれだと思います。書斎のソファに腰深く座り、いらいらと頭を掻き毟りながら、机上のキーボードをただ黙々と叩き続ける、というのが一般的なイメージだと思いますが(ちょっと...