短編小説

短編小説

 あなたは今、「短編小説」を読み始めている。 私はあなたにどのような「短編小説」を提供しようか、思案の途中である。あなたにとって、この「短編小説」が少しでも印象深く心に刻まれるよう、これまでに類のない「短編小説」の完成を...

蜘蛛

 浴室の壁に、一匹の蜘蛛がいた。それは足も胴体も綿毛のように華奢な、赤くて小さな蜘蛛だった。 俺はシャワーの栓をひねり、蜘蛛にかけた。蜘蛛は水流に乗るように壁を伝い、床を伝い、そのままの姿勢で排水口に吸い込まれていった。...

浮気

浮気

「違和感、ていうのかな、その夜、あの人いつも以上に疲れた顔をしてたの。まだ起きてたんだ、なんてちょっと残念そうな感じでお弁当箱を私に手渡した時の表情は、目の下に隈ができてて、まるで視点が定まっていなかった 雨の中傘もささ...