夢のお告げ

【超短編小説】夢のお告げ

「それが変な夢なんだ」と俺は妻に言った。 妻は朝食の支度で台所と居間を行ったり来たりしていた。この忙しい時間帯に話すべきことではないのかもしれないが、夢の鮮度が落ちない前に、どうしても誰かに伝えておきたかった。二日連続で...