恋愛小説

恋愛に関する雑文

初めて君を抱くまでに、僕の好きだったもの。僕が映りこんだ麗しき瞳。黒く長いつけ睫毛。艶やかな厚い唇。時々口の端から覗く八重歯。色白で華奢な二の腕。小さいけれど、つんとせり出した胸。タイトなスキニージーンズ。黒革のロングブ...

【不倫に関する自由詩】月曜日の恋人

私が勝手にそう呼んでいる、あなたの外回りと、私の仕事の休みが重なる唯一つの時間、あなたには奥様もお子さんもいるから、週末の休みを一緒に過ごすことはできないし、太陽の下で手を繋ぐこともできないし、二人で夜明けを迎えるなんて...

広いインターネットの中で

書くことは、生きること。

「書くこと」と「生きること」は常に同時進行であるべきだと思う。「書くこと」に没頭し過ぎると「生きること」を忘れる。「生きること」を忘れると「生きた小説」は書けない。「生きた小説」が書けなくては、小説を書いている意味などな...

潜る妻。超短編小説

愛って何?

「所詮、女は」と思った瞬間、総ての女をそう括るようになる。恋人や妻に対しても。「今までの女とは違う」と直感したから、付き合ったり、結婚したりしたはずなのに。恋愛や結婚は、時に不条理であり、不可解である。それは「愛」という...

恋愛。

「いて欲しい」と思う時…「君」はいない。「いてくれる」と言った時…僕には「君以外」の誰かがいる。その誰かを「君」ほど好きに思ったことはない。「君」を求めると「君」は去り、やがて「君以外」の誰かも去っていく。僕の恋愛は、ず...