【不倫に関する自由詩】月曜日の恋人

私が勝手にそう呼んでいる、

あなたの外回りと、

私の仕事の休みが重なる唯一つの時間、

あなたには奥様もお子さんもいるから、

週末の休みを一緒に過ごすことはできないし、

太陽の下で手を繋ぐこともできないし、

二人で夜明けを迎えるなんてもちろんできない、

それでも、あなたは月曜の朝になると、

私の自宅のちょっと先まで車を乗り付けて、

ありふれた日常から私を引きはがす、

誰にも邪魔されない、

ラブホテルの一室で、

あなたの心も身体も独り占めにする、

 

私の中であなたは一〇〇%だけど、

あなたの中で私が全てになることはない、

あなたには奥様とお子さんがいる、

それは最初から分かってること、

一人身の私と違って、

あなたには守るべき人がいるのは承知の上で、

私はあなたに近づいた、

人を好きになるのに理由はなく、

あなたを好きになるにも理由なんてない、

偶然好きになった人に妻子がいたというだけのこと、

非常識と思われてもいい、

気持ちに嘘は付けないから、

あなたと知りあってから間もなく二年、

ゴールがどこにあるかなんて分からないし、

そもそも私たちの関係に、

ゴールがあるのかさえ分からないけれど、

ただただ、あなたのことが好きだという気持ちだけで、

今日も身体一杯、

あなたの愛情を受け止める、

あなたと身体を重ねれば重ねるほど、

あなたの時間全てを私のものにしたい気持ちが、

日増しに強くなっている、

どうにもならないことは分かっているのに、

これ以上あなたを求めてしまえば、

この関係も幸せも壊れてしまうかもしれないのに、

奥様とあまりうまくいっていない話とか、

子供関係のお付き合いが大変そうな話をあなたは時々するけれど、

だからといって私があなたを救えるわけじゃなく、

助けてあげることもできない、

いっそのこと壊れてしまえ、だなんて、

あなたが不幸になるのを望んでる、

冷酷で独りよがりなもう一人の私がいる気がして、

自分でも時々怖くなる、

 

月曜日しか会えないことが辛い、

月曜日はあなたと会えるけれど、

幸せな週末の余韻までも、

あなたはワンボックス一杯、運んで来てしまうから、

マクドナルドのハンバーガーやポテトの匂い、

ドアポケットに挟まれたディズニーランドのパンフレット、

チャイルドシートの食べかす、床に転がるティッシュ、

あなたはそんなに気にしてないかもしれないけれど、

私にとっては永遠に踏み込めない領域、

あなたをどれほど愛しても、

あなたからどれほど愛されても、

あなたの家族を飛び越えることはできない、

ポテトの匂いを残したり、

ティッシュを車に落とすことはできても、

私の香水やイヤリングを車に落とすことはできない、

あなたの日常生活の中に、 

私は存在してはいけない女、

二人の関係を続けていく以上、

私はこれからもずっと、

我慢しなければいけないこと、

でも最近、

私もあまりに辛いから、

あなたもあまりに無頓着過ぎるから、

私はちょっとだけ悪魔になっていたずらをする、

助手席の座面と背もたれの隙間に、

私が生まれた年の硬貨ばかりを、

あなたに気付かれないように、

会う度一枚ずつ差し込んでいく、

馬鹿げてると思うけど、

あなたの日常に私の存在が全くないのは、

あまりにも寂しすぎるから、

 

月曜日の恋人は、

今日もまたいつものように車を停めて、

わたしを根こそぎさらっていく、

週末の記憶も、

私の気持ちも、

丸ごといっしょくたにして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)