愛って何?

「所詮、女は」と思った瞬間、総ての女をそう括るようになる。恋人や妻に対しても。
「今までの女とは違う」と直感したから、付き合ったり、結婚したりしたはずなのに。

恋愛や結婚は、時に不条理であり、不可解である。
それは「愛」という言葉の持つ幻想性と不確実性の所以である。
正体の良く分らぬ、この「愛」なる言葉のお陰で、人生の殆どが振り回されることになっている。

「愛とは何だ」と一言で言い切れるのなら、きっと小説なんて書いてない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)