勘違い

白紙の前では、僕は天才になれる。
何も書かれていないキャンバスは、あらゆる可能性に満ちている。

凡そ人の想像しうる限りの物語、例えばギリシャ神話や聖書を超えるものすら書けるかもしれない。

しかし、勢い勇んで書き始めるや、僕は一行ごとに落胆し、失望する。
可能性はみるみる縮んでいって、やがて何の特徴も面白みもない凡庸な文章となる。

僕は後悔する。
それまでに費やした膨大な時間と気力。
こんなことなら、最初から書かなければ良かったと。

そしてまたしばらくして、僕は再び白いキャンバスの前に立つ。

何度やってみても結果は同じ。

そして僕は知ることになる。
白紙の前でさえ、僕は天才にはなれない、ということを。

小説を書くことは、まるで恋愛することとよく似ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)