フィルター

最初に君を見たのは、生まれたばかりの保育器の中だった。

次に君を見たのは、お遊戯をしている君の姿を、ビデオカメラに収めている時だった。

その次に見たのは、ウェブカメラを通して、単身赴任先の僕を不思議そうに覗く君だった。

それから君は間もなく、とても重い病と闘うため、透明なシートに覆われた無菌室の中にいた。

そして最後に君は、君の背より何倍も高い祭壇の上から、別れを惜しむたくさんの人に静かな笑顔を振りまいていた。

とどのつまり、僕は一度だって君を、僕の瞳だけで見ることはなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)