企画小説

小説や漫画の価格破壊。

以前、プロで活躍していたベテランの漫画家(今でも仕事の依頼は時々きているようですが)から、業界の現状を聞きました。とにかく仕事の単価がめちゃくちゃ安いと。漫画はボランティア(要するに、無料)でもやる人がいるから、正に価格...

文体を変える難しさ。

優れた小説や良い文章に遭遇すると、自身の文体や作風もがらっと変えてみたい、と思う時があります。短編小説を数多く書いていると、発想がマンネリ化しやすいし、常に新しいスパイスを開拓していくのは非常に骨が折れます。それでも読者...

時間が「膨大」にあれば執筆ははかどる?

仕事や家事に忙殺されて、書く時間が全く確保できない時期がある。正に今の自身の状況である。それがあまりにも長期に渡ると、言葉も忘れていくし、感覚も鈍るし、とても不安に感じてしまう。しかしそういう時はこう思うようにしている。...

良い小説を書くために。

「良い小説」を書きたいと思ったら、「良い小説」を書く人の側にいるのがいい。常に自分の目標となる存在が身近にいることだけで十分勉強になるし、何よりモチベーションアップになる。「良い小説」を書く人の側にいつもいることなんて現...

カウンター

小説と「時間効率」。

万人に平等に与えられているもの。それは、二つあります。一つは「生命。もう一つは「時間」です。「1日24時間」なのは年齢、人種、性別、貧富関係なくそうです。仕事にしても、小説を書くことにしても、使える時間は有限です。そこで...

スランプに陥ったら。

長年に渡り小説を書いていると、アイデアが全く思い浮かばなくなる時期がある。アイデアを絞りだそうとすればするほど、真っ白なキャンバスを前に何一つ身動き取れない状況というか、プロゴルファーが突然パットできなくなるイップスに陥...

短編小説で差別化?

ヒットする商品は、最初大半の人に反対されたものが多いと聞く。発想が現代の常識や価値判断からははみ出し過ぎてるからだろう。大半の人が「それ、いいね」と言うアイデアは、おおよそ常識で理解できる範疇のものであり、公開された瞬間...

書棚

なぜ短編小説か。

理由?簡単。「長編が書けないから」。以上。何て言ってしまうと、身も蓋もないすよね。飽きっぽいというか気が多いというか。骨格をブラさず、キャラ立ちに配慮して長い時間軸に沿ったストーリー展開をじっくり練って書いていく云々……...

自分以外の「誰か」のために。

これまでは文芸系の新人賞やweb小説サイトへの投稿がメインだったけれど…。これまでは自分が書きたいものをひたすら書いてきたわけだけど…。ここらで少し目線を変えてみようかと。誰かのために、何かのために、書いてみようって。一...

WEB小説

小説を書く時の「下調べ」。

小説を書く時、プロットによっては「下調べ」が必要になるものがあります。今は“Google先生”と言う名のスペシャリストが自身の側にぴたりと寄り添い、困った時には手とり足とり教えて頂ける時代なのでとても便利です。僕の場合、...

「耳垢」をリアルに書く小説家。

補記。僕は人間としてのあるべき姿や理想の生き方、あるいは哲学、人生訓を示唆するような小説なんて、きっと書けない。または波乱万丈の大恋愛物とか時空を行き来するファンタジーとか複雑なトリックが絡み合うミステリーとか。世の中の...

WEB小説のいいところ

WEB小説のいいところは、何度もリライトできるところにあります。「完璧な文章」が存在しない以上、「完璧な小説」も存在せず、何処まで言っても、小説に「これでいい」という地点はありません。いくらでも膨張し、いくらでも削ぎ落と...

「掌編」のエッセンス。

僕の掌編のアイデアは、ぽんと浮かんだ印象的なシーンに関する「キーワード」を携帯の「メモ帳」に打ち込むことから始まる。掌編はほとんどスナップショットを撮るような感覚で、起承転結を踏まえたストーリーを構成して文を流していくと...

水彩画

「小説」は本当に無力か?

心にいくらかの余裕がなければ、小説なんて書けないし、読めない、というのは事実だとは思います。それは、自然災害などで生存の危機に晒されている時、あるいは生理的、心理的に追い込まれている状況において、間違いなく、小説は無力で...

短編を書く難しさ。

現在、短めの話をいくつか書きすすめているのだが、予想通り、これが極めて難しい^^;原稿用紙10枚前後のボリュームで1話をまとめているのだが、そうなると無駄な言葉や枝葉の分節は余計に不要であって、切れ味鋭いカミソリの刃のよ...

クールな文章。

読後感想でよくいただくものの一つに、「文体がクールですね」と言われる。安易に流されたり、エスカレーションしたりせず、と。これはきっと、まず第一に自分が取り上げている題材の性格もあると思う。そのほとんどが日常風景だし、僕の...

夏祭りの屋台

小説における「毒」とは?

「小説」には、ある種の「毒」のようなものが必要なのではないか、と思います。「毒」と言っても様々なタイプのものがあるとは思いますが、僕の求めている毒とは、人を殺してしまうほど強烈な「猛毒」の類ではなく、疼く古傷の痛みを緩和...

漂流物収集家

酒を飲んで「書く」ということ。

酒を飲んだら、小説は書けません。従って、書かないことに決めています。若い頃、アルコールやドラッグは心の壁を取り去って、精神の内部を覗いたり拡散させたり、新たな未知の領域を切り開くなどという幻想がありましたが、これはもしか...

書き出しの一行

いい小説を書くために~その⑥すきま狙い

⑥すきま狙い「いい小説」云々とは多少主旨がずれるかもしれませんが、書かれた「小説」が「価格」を持って市場に流通し、売れる、売れないという「結果」が出てしまうということから、今回は考えてみます。いくら自分の書きたいものを書...

書き出しの一行

いい小説を書くために~その⑤校正

⑤校正僕は、「ラフスケッチ」的に概略を書いてから、細部を詰めていく、という執筆スタイルをとっていますので、校正作業は必ず行うことであり、むしろその作業に、スケッチを書く作業の何倍もの時間を費やしています。言葉や文章に正解...