詩のような小説、小説のような詩

そんなものを書くのが理想なのかもしれない。
必要最小限の言葉から想起させるイメージ。

それは別に感傷的とか、抒情的ということを意味するのではなく。

読み手の想像力如何で、作者ですら思いもよらぬ世界をイメージできるような。無限大に膨らませられるような。

そんな、小説。

最近、やたら詩人に憧れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)