WEB小説のプラットフォーム

ウェブ小説のプラットフォームって、
一般的に、登録して掲載する、というのはこれまでの
流れだが、今流行りなのは交流機能を充実させたものだ。
SNSを使って、双方の小説を批評し合ったり、採点したり、電子書籍として
販売もできるような。それが無料で使えたりする時代なのだ。

今年立ち上がった下記のベンチャーも、これからが面白そう。
日本はもっとこうしたベンチャー企業が立ち上がってほしいし、
成功してほしい。

「反撃」を期待しています。
「CRUNCH MAGAZINE」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)