適言適所

僕が小説を書く時に気を付けていること。
美辞麗句を並べることではなく、難解な文章を書くことでもない。

読者に想像を強制するものではなく、書き手の思惑を押し付けることでもない。

小説が「小説」として立ち上がるための相応しい言葉を見つけ出してきて、ジグソーパズルを組み立てていくように、静かにそこに置く、ただそれだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)