俳句

恩師たちの記憶 その②

高橋熱です。こんにちは。学生時代に知り合った恩師のエピソードその②です。僕が小説家を志す為にお世話になった恩師たち②T先生(古典・高校)高校の古典の先生で、T先生という女性教師がいました。現在では、既に教壇を降りているよ...

恩師

恩師たちの記憶 その①

高橋熱です。こんにちは。今回から、僕が学生時代に知り合った恩師3名のエピソードをご紹介します。恩師といっても、人としての生き方や、小説の書き方を学んだということではなく、自分が今、こうして長年小説を書き続けられている動機...

星空

「文系」と「理系」

色々な人と会話する中で、「ねっからの文系だから」とか「貴重なリケジョ」とか、「文系」「理系」を話題にすることは多くないですか?あるいは、自分の興味や関心、得手不得手に対する言い訳を「僕は文系だから」「私は理系だから」とく...

超短編小説の日経記事

「あっという間に異世界」~超短編小説の強み

高橋です。「犬猿」ならぬ「犬熱」の関係だった「犬」と完全に和解し、遂に、思い切り抱きしめ合えた喜びにひたれたと涙していたら、実に精巧にできた夢だったと知った朝に、この文章をしたためています。皆様、ごきげんよう。9月6日の...